前世を知り現世に通ずれば天命見失わず!?前世と現世の関係を知ろう

前世と現世を知れば天命がわかる 心理学・生き方・スピリチュアル

実は先日、「前世」について占ってもらいました。

そして、以下のような内容について、詳しく教えてもらうことができました。

⚫「前世」ではどんな人生を歩んだのか?
⚫「前世」と「現世」との間にはどのようなストーリーがあるのか?
⚫「前世」を受けて、「現世」ではどのような課題を持って生まれたのか?

すると、今までに「嫌だな」と思うものになぜそんなに嫌悪感を抱いてしまうのか、そして、自分はどんな人生を歩みたくて意思決定をするのか、などの疑問について心の底から納得することができたのです。

そこで今回は、「前世」を知り「現世」とのつながりを知ることの効用について、具体例を交えつつご紹介していきたいと思います!

前世を知ろうと思ったきっかけは、前世を知ることで現世の自分の生き方に納得した人を見かけたから

私の前世の詳細を述べる前に、まずはなぜ前世について占ってもらおうと思ったのか、そのきっかけについてお話しします。

元々 私は割とスピリチュアルなことが大好きで、定期的に霊視の占いで視てもらったり、シンクロニシティについて思いを馳せたり・・・といった人物像です。

全然霊感とかはないんですけど、理屈では説明しきれないような事象も、スピリチュアルな観点で見れば納得できることが多いからです。

そんなスピリチュアル大好きな私の目に、Twitteのタイムライン上でmusic shocolateさんという方のある素敵なエッセイが飛び込んできました♪

リンクの先に進んでいくと、前世にまつわるものすごく印象深い一節が・・・ 余りに素敵だったので、少し長めの引用でご紹介します。

「あなたの前の人生はお寺の住職さん 常に静寂を愛し 人を愛し 命を慈しみ 周りの人達に生きることの素晴らしさを伝え 沢山の人の心を救った 今で言うと檀家さんの カウンセリングみたいなことをしてた人 家族に囲まれて幸せな人生だったんだけど 人生の終わりに何かが足らないと思った それは「音」に囲まれて生活すること 静寂と自然の音の中で人生を全うしたから 次の人生は音を楽しもう 音楽で人と繋がろう 人とコミュニケーションを取ろうと 決めてきたみたいだけど 何か音楽に関係することをしていますか?」

——music chocolate「前世の話」より引用

なんと心を打つ物語なのでしょう!!

静寂の中で天命を全うし、次の生では「音」で人とつながろうだなんて・・・ 他人の輪廻のことなのに、まるで自分のことのように共感し納得してしまいました。

そして、私ももっと「前世」について知りたい、そして、もっと「現世」について納得感を持っていきたい!そんな思いから、私も「前世」を占ってもらうことにしたのです。

「前世」を知って、自分の「好きなこと」や「嫌いなこと」が腑に落ちた

music chocolateさんのお話を拝読してから、私も「前世」と「現世」とのつながりが知りたくて仕方ありませんでした。

そして、すぐに「前世」を視てもらえる占い師さんを予約しました。(このご時世なのでSkypeで)

実際に「前世」を視てもらったことで、今まで自分が漠然と持っていた「好き」や「嫌い」に対して、すごく納得できました。

これまで以上に自分の価値観を受け入れることができたのです。 占ってもらった内容は、おおむね以下のようなものでした。

時は400年ほど前のこと。私は農民の家の子どもとして生を受けました。

最初は家業に従事していましたが、普通の農民とはちょっと違った人生を送ったようです。

というのも、ずっと同じことをしていたわけではなく、家を出てより肥沃な土地に出稼ぎに出たのです。

環境を変えた理由は、ずっと同じ作業の繰り返しにつかれ、心を病んでしまったから。

そこで、それまでとは違う人生を歩もうとより豊かな地へ足を運ぶことになりました。

新しい地では、地位の高い人たちに目をかけてもらい、自分のキャラクターを活かした芸能のような仕事をするようになったとか。

周りの人々の紹介で気の合う女性と結婚し、幸せな結婚生活を手に入れることができました。

そこでの生活は非常に充実していて、私は死ぬまで幸せな気持ちで暮らすことができたのでした。

そこで私は、繰り返されるつまらない日常を捨て、新たに刺激的な状況を手に入れることに大きな意義を感じ、来世(=私の現世)の課題としました。

つまり、私が現世で達成すべき課題は、繰り返される退屈な日常を打破し、より豊かな状況を手に入れることだったのです。

以上のような「前世」のエピソードを聴いて、あまりにストンと腑に落ちたので、私は驚きを隠せませんでした。

まず第一に、「前世」の「同じことの繰り返しに耐えられない」という点が、私の「現世」とそっくりそのまま同じだったからです。

私は、同じことをずっと繰り返すことに、信じられないくらいの拒絶反応を示してしまいます。

たとえば、前職では予備講師をしていて、生徒などから「天職ですね」と言われるくらい自分に合った仕事をしていました。

それでも、私はその仕事を一生涯続けようとはどうしても思えませんでした。

その理由としては、もちろん経済的な理由もありますが、最も大きな理由は「毎年同じような業務を繰り返すこと」を想像すると、絶対に耐えられそうになかったからです。

学校法人のお仕事は、もちろん改革を進めて少しずつ内容を見直していく必要はありますが、基本的には1年周期で同じことの繰り返しです。

代わり映えしない仕事内容に、私のメンタルはたった4年ほどですでに限界を迎えてしまっていました。

そこで無事転職できたので、仕事の内容こそ変わりましたが、また同じような思考回路に陥ってしまっています。

でも、「同じことの繰り返し」への極端なアレルギー反応が、「前世」のルーティンワークから受けたダメージのせいであると知ることができ、私は自分のそんな損な性格を受け入れることができたのです。

占いの内容に驚いた第2の理由は、「新しい何かを手に入れること」への強いこだわりが共通していることでした。

私は、「現世」でも、常に新しい何かを手に入れようと必死です。

今だって、毎日ピアノを弾いたり、ブログを書いたり、認知心理学やコーチングなどの心理学系スキルを体系的に学んだり・・・ 時間さえあれば、常に「新しい自分」になるために何事かに打ち込んでいます。それはもう、周りの人たちが驚くほどに。

そんな自分の性格について考えると、「飽き性なのかな?」「地に足がついてないなぁ・・・」「結局何物にもなれてないじゃん」などと、悲観的に捉えてしまうことの方が多かったです。

ところが、今回「前世」について占ってもらったことで、自分が「変わりたい」「何者かになりたい」「より良い環境を手に入れたい」という異常なまでの欲求に対する見方が大きく変わりました。

それが「現世」での課題なら仕方がない、と深く納得することができたのでした。

「前世」と「現世」のつながりを知り、自らの人生の課題(=天命)と向き合うということ

ここまで見てきた私の例のように、自分の「前世」を知り、「現世」とのつながりを知ることで、自分がなぜそのような生き方をしているのか、ストーリーとして理解することができます。

そして、「前世」と「現世」との関係は、様々な種類のパターンがあるそうです。

たとえば、music chocolateさんの例では、静寂の中で「音」が不足していたため、次の人生では「音」に囲まれた人生を追求なさっています。

この場合、「現世」の課題は、「前世」で満たされなかった部分を別の形で満たすことであると考えられます。

一方で、私の例で言えば、繰り返される日常から抜け出して新しい環境を手に入れることで幸せを手に入れたため、それを次の人生でも別の形で再現しようとしています。

この場合、「現世」の課題は、「前世」で最も価値のあったことを別の環境で再現することと言えるでしょう。

以上のように、「前世」を知ることで、輪廻の中で「現世」まで受け継がれる自分の「ストーリー」を理解することができるようになります。

また、自分の「現世」において乗り越えるべき課題がクリアになる、というベネフィットもあります。 つまり、「前世」を知るということは、自分の性格や価値観、ひいては生き方の文脈や理由を知ることに他ならないのです。

自分が人生で何をなすべきか知りたい方や、自分がどの道を選ぶべきか迷っている人、自分の物事に対する好き嫌いの理由が知りたい方などは、もしかしたら「前世」がその大きなヒントになるかもしれません。

ご興味のある方は、ぜひ自分の「前世」について調べたり占ってみたりしてください!

また最後に、ご興味のある方向けに、今回視てもらった占い師(手相カウンセラー)の方をご紹介しておこうと思います。 「ワジョリーナ」さんという方です。

以下のページに、サービス内容や予約可能な時間、料金などが記載察されているので、気になった方はぜひのぞいてみてください♪

ワジョリーナさんのページはこちら

私も「前世」から続く物語を紡ぐために、これからも新しい自分を手に入れるための挑戦に心置きなく打ち込んでいこうと思います♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました